キラキラ輝く婚約指輪に誓う永遠の愛|デザインにもこだわろう

男性女性

重ね付け用のデザイン

リング

ずっとはめてもいい

婚約指輪はいつまで指にはめていていいのか、ということは多くの女性が疑問に思うことです。結婚を終えてからの指輪には、結婚指輪が存在するからです。婚約期間中は婚約指輪を、結婚してからは結婚指輪をはめている人も多いのではないでしょうか。実は、結婚してからも婚約指輪をはめていてもいいのです。この場合は、結婚指輪との重ね付けというスタイルになります。永遠の愛を誓った指輪が、二つとも揃って輝く指先は美しいものです。結婚指輪はシンプルなものが多いので、日常的なシーンにもなじみます。婚約指輪は華やかなデザインが多い傾向があります。重ね付けをして婚約指輪を日常的にはめたい場合は、その点を頭に入れて選ぶといいでしょう。

二つの指輪の相性

重ね付けを想定して婚約指輪を選ぶ場合のコツは、それを前提にしてデザインされているものにすることです。好みやインスピレーションを重視して、別々のブランドから選ぶのもいいでしょう。でも、二つの指輪を重ねたときの相性がよくなかった場合も考えられます。その点、同じブランドのものだと、重ね付けをした時に違和感がないように作っています。一つ一つを見ても美しい作品ですが、二つ揃って初めて一つの作品が完成するようになっているのです。重ね付けをしたい場合は、ブランドを統一した方が無難です。重ね付け前提の指輪が欲しい場合は、ショップで尋ねるといいでしょう。いくつかのブランドの指輪の中から、候補を見立ててくれます。